偽友理念体系Ⅱ

セカンドシーズン

2018.5/20 AirPods、逝く

我が家のAirPodsが本日無事死亡。症状は右側に赤い「!」マークがついて機能しなくなった。去年の2月に購入したので約1年3ヶ月の命だった

日常に絶対必要なものなので早いとこ郵送して修理してもらおうと思ったらAirPodsは郵送での修理に対応してないらしい。じゃあどうやって直すかというと、かの悪名高き正規サービスプロバイダを通しての修理になるということ。宗教上の理由により正規サービスプロバイダーは利用しないことにしているので
参照:http://inddt.hateblo.jp/entry/2015/08/30/000502
どうしたものかと思っていた

調べていくとAmazonで買うと770円払えばヤマトのほうで5年間保証してくれるということでこの際Amazonで新しく買い直すことに。期間の割に格安なのでAirPodsを買ってガシガシ使う予定がある人はAmazonでこの保証と共に購入することをオススメする

AirPodsは近年稀に見る神製品で値段も性能に対して言えば格安だと思っていたのだがこの壊れやすさだと価格は妥当かなと思う。性能はいいが物自体の品質はよくないというのはApple製品の特徴としてあり、使用頻度の高い物に関しては2年たたず故障する印象なので毎日長時間使うことが分かっている物は何年使うかあらかじめ計画を立て、自分に合った保証をつけるのがうまい付き合い方だと思う

Appleの10万超えの商品とか絶対買えない理由はこの辺りにあって自分の使用頻度で言えば必ず壊れることが分かっているのでそれを修理するまでのロスが嫌なのとAppleCareに代表される保証がぼったくりレベルの値段で本体価格が高い割に安心して使えないところがある。このバリアを超えない限りは鑑賞用かサブとして使うくらいの選択肢しかないことを備忘録的に記す